クレジットカード現金化の注意点 まとめ

クレジットカード現金化

クレカショッピング枠現金化で気をつけるべき事

今記事では、ショッピング枠の現金化が危ないのか?大丈夫なのか?勤めた経験がある方がご紹介します。

注意点を事前に把握することによってトラブルを回避しましょう。

クレジットカード現金化とは?

クレカショッピング枠現金化とは、古物商の認可を取った商品のトレード業者が、希望者のカードの買い物枠の範囲内で商品を購求してもらい、その取得代金から手数料などの諸経費を差し引いた代金で売買する事で手続きしたい人が現金を手にする事が出来る仕方です。

先にWEBページや口コミ、それ以外に現金化という行為で飯を食っている業者の色々な情報をチェックして無難な業者を適用すれば大丈夫ですが、もしも悪徳行為をするサイトに出会ってしまったときも、最初の準備や対応を間違えなければトラブルにならずに済むかもしれません。

クレジットカード現金化3つのデメリット

クレカショッピング枠現金化はやってはいけない?

クレカの買い物枠は買い物時に消費するやり方です。本来、現金を用立てるものではありません。

キャッシュに換金するためにお金に換える率のでかいものばかり購入してると、発覚した場合には活用者であるあなたのクレジットが利用停止になるおそれがあります。おそれがあります。

クレジットカード買取サイトのホームページには公安委員会からの承諾取っています!というような事が書いてありますが、これは基本的には「古物取引」の許可を受けただけであって、カードのショッピング出来る限度額現金化の承認を取っているわけではありません。

優良買取専門店を選ぶ方法

クレジット売買にはいろいろな曖昧なところがあります。

お伝えしたようにカード換金取引には多種多様な悪質なやり方があり悪い会社に当たってしまう危険は0ではありません。

しかしながく、このような店舗が商いを続けていける最大の理由は利用者の申し出があるという事がおおきな要因です。

クレカ現金化という手法がどんな事をして運営をしている店かはどんな資質の人間かを十分に認識した上で少しでも安心で賢いサイト判断する事が大切なポイントだと理解できると思います。

このようなニーズに応えてくれる堅実会社は少なからず存在します。

ご自分で検索を試みる場合はどのようにして優良な店舗を見つければいいのでしょうか。

手法の一つとしてWEBサイトや口コミサイトを確認するという方法があります。

でも、WEBページを調査する時にもいくつかの注意事項はあります。

HPに書いてあることは真実ではないかもしれません。

最短で5分・超交換率といった謳い文句は信じない方が無難です。

お金に換える率の一般的な相場は確かな店舗を通した場合でも80%程度と考えておいてください。

かなり高い換金率はあてになりません。

詳しいことは電話で聞いてみると良いでしょう。。

対応した人の態度でどのような印象をもったかで、いくらかの店舗の感じがわかります。

クレジットカードショッピング枠現金化適用前の気をつけたい事のまとめ

今回はショッピング枠の現金化に関してかきました。

また見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)